27歳元営業女子の独り言

ADHDと双極性障害と診断された私の人間活動の記録

今週の診察

こんばんは。

元営業女子のはたはたです。

カウンセリングの結果を先生に伝えてみた

先週のカウンセリングで私のADHDについてこんなテスト結果がでました。

 

air721adhdhiroshima.hatenablog.com

 そんなこんなで今週の診察は緊張でガクブル状態でした(笑)

カウンセラーさんから渡された診断テストの結果用紙と相談室のパンフレットを渡してからお伺いをしました。

どうやら、先生の見立てではADHDの特性がみられるということでした。

まさにADHDはありまーす!」

みたいな感じです(笑)

 

自分の受け止め方、理解の仕方が大事なんだと気付いた

 

カウンセリング、病院での診察。双方でやはり意見の食い違いが生じるのは当たり前のこと。風邪や怪我のように目に見えて分かるものでないなら尚更ですよね。

自分の中での見極めをしないといけないんだろうなって気付かされました。

そう思えたらちょっと病気のことを俯瞰して捉えることができるようになったような気がします。

さ、そろそろ寝ましょう。

おやすみなさい