27歳元営業女子の独り言

ADHDと双極性障害と診断された私の人間活動の記録

ADHDと双極性障害を患ったややこし系女子のブログ

はじめまして!

 

はてなブログ初のはたはたと申し上げます。ひっそりとブログデビューです笑

私は今年の3月に卵巣嚢腫の切除手術を行ってから、「レストレスレッグス症候群」

ADHD」「双極性障害」という診断が下りました。

現在は休職中の27歳の女性です。

 

休職してみると、自分のいっぱいいっぱいだった部分が多く見えてきました。

帰宅後お酒を飲んで酔って寝る。酷い状況でした。

素行が悪かった時期の記憶は断片的でほとんどありません。

しかし、一番私を苦しめているのは「27年間普通に育ってきた私」が一瞬にして粉砕され、崩壊したことです。

精神疾患者」「発達障害」というレッテルを貼られてしまったのです。

 

「ゆっくり休む」とは一体何なのか。

何もできない日があるのも事実。復職するために、これから生きていくために様々を整える日があるのも事実。

多くの葛藤がある現在の生活を含めて、徒然書いていけたらいいなと思っております。